スポーツクライミングとは?

2020年東京オリンピックで正式種目になったスポーツクライミング。
競技としては以下の3つに分かれていることはみなさんご存知でしたか。

  • 「スピード」
    スピードクライミングはその名の通り、コンマ数秒を競い合うスプリント競技です。高さ10メートルもしくは15メートルのコースで、予めホールドの配置が周知されているコースをトップロープ(上から既にロープが垂れている)で登り、どれだけ早く登るかを競う種目です。某CMでも話題になりましたね。
    世界記録(15m)はダニエル ボルディヤフ(ウクライナ)の5.60秒!もう、あっという間ですね!
    ただ、現時点で国内で国際規格を満たすスピード競技用の壁がないので、公式な大会は開催されていません。そのため、日本ではあまりメジャーでないため、強化が課題となっています。
  •  

  • 「リード」
    リードクライミングは、ロープを途中途中のクイックドロー(ヌンチャク)にかけながら、高さ12m以上の壁に設定されたコースをクライミング技術とロープワークを駆使してどこまで登ったかを競います。
  •  

  • 「ボルダリング」
    ボルダリングは5m以下の高さの壁に固定されたホールドに、ロープを使わずに足や手をかけながらよじ登る競技です。
    各コース(課題とも呼ばれます)を制限時間内に複数回トライできるため、いかに少ないトライアル回数で成功できるかが、勝負の分かれ目です。

これら、3種目がわかっているだけでもクラミングに対する興味が湧いてくるかもしれません。
現在、日本では「ボルダリング」においてワールドカップで優勝する選手がおり、東京オリンピックでも金メダルが期待できそうです。
少しでも興味のある方は一度、体験してみませんか。
お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA