ボルダリングって何?

そもそもロッククライミングとボルダリングの違いって何でしょう?
最近ではTVで芸人さんがアルプスの名峰・アイガーで「クライミング技術」を披露していました。
そして2020年東京オリンピックでは「ボルダリング」が正式種目に決まっています。
今回は興味はあるけど、詳しくわからない方のために、ロッククライミングやボルダリングのことを簡単に紹介します。
rock-climbing_01

まず第一にロッククライミングは総称です。

「ロッククライミング」は、よりハードな山への登山を目的としたアルパイン・クライミングと、屋内外を問わず、岩肌や壁を登ることを楽しむフリークライミングの総称です。
VILLARSで楽しめる「ボルダリング」はフリークライミングの一種で、シューズとチョークのみを用いてカラフルなホールドと呼ばれる凸凹をつかんで登るスポーツです。フリークライミングの中でも特に装備品が少ないので、転落した時の危険を回避するためにクラッシュパッドと呼ばれる分厚いマットを敷いています。
【歴史】
「ボルダリング」は英語で書くと「bouldering」。簡単に言うと岩登り(「ボルダー=少し大きい岩」)のことです。
1960年代後半からアメリカを中心にヨーロッパで大きく発展してきました。もともとはフリークライミングの練習としておこなわれていたものが、もっと気軽にもっと安全にできるようにと進化してきました。また欧米の人にとっては、小さな子供から年配の方まで気軽に楽しめるスポーツとして親しまれています。

まずは始めてみましょう!

ボルダリングの楽しさは運動神経は必要なく、マッチョな筋肉も必要ありません。むしろ、余計な脂肪だけを削ぎ落としてくれるため、ダイエットの効果もあります。また、年齢や性別も関係ありません。
必要なのは柔軟な発想力です。力まかせにただ壁を登るのではなく、バランス感覚が必要です。どのルートで壁を登って行くのかを考えるチカラも大切なため、実は極めて頭脳系のスポーツです。
もちろんはじめは思いどおりに登れないかも知れませんが、少しの筋肉痛が心地よく感じ、次第に楽しみが増えていくことでしょう。
ボルダリングを、まずは始めてみませんか?